マイクロセグメンテーション

マイクロセグメンテーション(Microsegmentation)とは

ネットワークをより小さなセグメントに分割し、アクセス制御やセキュリティポリシーを強化する方法。
これにより、組織はネットワーク内のリソースへのアクセスを細かく管理し、異なるユーザーやデバイス、アプリケーション間でアクセス権限を厳密に制御することができる。

マイクロセグメンテーションのメリット

セキュリティ強化

ネットワーク内の各セグメントに独自のセキュリティポリシーを適用することで、攻撃者が横断的にアクセスできる範囲を制限し、全体のセキュリティを向上させる。

攻撃の影響範囲の制限

もし攻撃者がネットワーク内に侵入した場合でも、マイクロセグメントごとにアクセスが制限されているため、攻撃の影響範囲を最小限に抑えることができる。

細かいアクセス制御

各マイクロセグメントに対して個別のアクセス制御ポリシーを設定できるため、ユーザーやデバイスのアクセス権限を細かく管理することができる。

 

マイクロセグメンテーションは、ゼロトラストのセキュリティモデルと相互補完的で、組織のネットワークセキュリティを強化する上で重要な役割を果たす。