継続的評価

継続的評価とは

組織のセキュリティ状況を継続的に監視、評価し、適切な対策を講じるプロセス。このアプローチでは、従来の定期的なセキュリティ監査や評価とは異なり、リアルタイムでの監視と評価が重視される。

継続的評価の主な目的

セキュリティリスクの早期発見

リアルタイムでの監視により、セキュリティリスクや脆弱性が発生した場合にすぐに対処できるようになる。
潜在的な脅威を未然に防ぐことができる。

(参考:リアルタイム監視/用語集

適切な対策の実施

継続的な評価を通じて、セキュリティリスクや脆弱性に対する適切な対策を迅速に実施できる。
これにより、セキュリティインシデントやデータ漏洩のリスクを最小限に抑えることができる。

(参考:脆弱性/用語集
(参考:セキュリティインシデント/用語集

セキュリティ状況の把握

組織のセキュリティ状況を継続的に把握し、必要に応じてセキュリティポリシーや対策を更新・改善できる。
これにより、組織全体のセキュリティレベルを維持・向上させることができる。

(参考:セキュリティポリシー/用語集

コンプライアンスの確保

継続的評価により、法規則や業界基準に対するコンプライアンスを確保し、適切なセキュリティ対策が実施されていることを証明できる。

 

継続的評価は、ゼロトラストアプローチやリアルタイム監視と相互補完的であり、組織全体のセキュリティレベルを維持・向上させるために重要な役割を果たす。

(参考:ゼロトラスト/用語集