CIA

CIAとは

情報セキュリティにおいて重要な概念であり、Confidentiality(機密性)、Integrity(完全性)、Availability(可用性)の頭文字をとったものである。

Confidentiality(機密性)

機密性は、情報が不正なアクセスや盗聴から守られることを意味する。機密性を確保するためには、アクセス制御や暗号化などの技術を用いて、機密性を必要とする情報にアクセスできるユーザーを限定し、情報を保護することが重要である。

Integrity(完全性)

完全性は、情報が改ざんや破壊から守られることを意味する。完全性を確保するためには、データの送信元と送信先が正当であることを確認したり、データの改ざんを検知するための技術を用いたりすることが重要である。

Availability(可用性)

可用性は、情報が必要な時に利用可能であることを意味する。可用性を確保するためには、サーバーやネットワークなどのシステムを適切に設計・構築することで、システムのダウンタイムを最小限に抑えることが重要である。

 

CIAの3つの概念は、情報セキュリティにおいて重要な目的を表している。情報セキュリティを確保するためには、これらの目的を達成するためのセキュリティ対策を講じることが必要である。