暗号化

暗号化とは

データを保護するために、データを特定の方法で変換するセキュリティ技術の一つ。
暗号化により、データを第三者が理解できない形式に変換することで、データの機密性を確保し、不正なアクセスや盗聴からデータを保護することができる。

暗号化では、元のデータを「平文」と呼び、暗号化後のデータを「暗号文」と呼ぶ。
暗号化には、対称鍵暗号方式と公開鍵暗号方式の2種類がある。

対称鍵暗号方式

暗号化と復号化に同じ鍵を用いる方式で、鍵を保管することが重要である。
代表的なアルゴリズムには、DES、AESなどがある。

(参考:対称鍵暗号方式/用語集
(参考:DES/用語集
(参考:AES/用語集

公開鍵暗号方式

暗号化には公開鍵、復号化には秘密鍵を用いる方式で、秘密鍵を保管することが重要である。代表的なアルゴリズムには、RSA、Diffie-Hellman鍵共有法などがある。

(参考:公開鍵暗号方式/用語集
(参考:Diffie-Hellman鍵共有法/用語集

暗号化は、インターネット上での通信やデータの保護など、様々な場面で利用されている。
暗号化技術により、個人情報や機密情報を保護することができ、セキュリティの強化に役立っている。しかし、暗号化技術自体が完全に安全であるわけではなく、常に攻撃者からの新たな脅威に備える必要がある。