不正検知システム

不正検知システムとは

不正アクセスや攻撃を検知するためのセキュリティ技術の一つ。不正検知システムは、ネットワーク上を流れる通信を監視し、事前に設定されたルールやアルゴリズムに基づいて、不正な通信やアクセスを自動的に検知することができる。

不正検知システムには、主に以下の2つの方式がある。

シグネチャベース型

既知の攻撃パターンに基づいて、攻撃を検知する方式。シグネチャは、攻撃パターンに一致するパターンのことで、不正アクセスや攻撃を検知するための基準となる。

(参考:シグネチャベース型/用語集

アノマリ検知型

通常の通信パターンから外れた通信を検知する方式。アノマリ検知型は、既知の攻撃パターンに対応できない未知の攻撃を検知することもできる。

(参考:アノマリ検知型/用語集

 

不正検知システムは、企業や組織において情報セキュリティを確保するために重要なセキュリティ技術の一つである。不正検知システムを用いることで、不審な通信やアクセスを自動的に検知し、セキュリティ担当者に通知することができる。これにより、迅速かつ正確に判断することができ、セキュリティの脅威から企業や組織を守ることができる。