リアルタイム監視

リアルタイム監視とは

ゼロトラストの一環として実施されるセキュリティ対策の一つ。
リアルタイム監視とは、ネットワーク内の通信内容をリアルタイムで監視し、異常な通信を検知することで、不正アクセスや不正利用などのセキュリティ上のリスクを低減する取り組みである。リアルタイム監視では、機械学習や人工知能などの技術を用いて、通常の通信パターンを学習し、異常な通信を検知することができる。

リアルタイム監視は、セキュリティ上の脅威を検知するために、様々な技術やツールを使用することができる。
例えば、SIEM(Security Information and Event Management)システムやIDS(Intrusion Detection System)、IPS(Intrusion Prevention System)などが挙げられる。
これらの技術やツールを使用することで、ネットワーク上のトラフィックやログをリアルタイムに監視し、異常な通信を検知することができる。

(参考:SIEM/用語集
(参考:IDS/用語集
(参考:IPS/用語集

リアルタイム監視は、セキュリティ上の脅威を早期に検知することができるため、対応することが容易になる。また、リアルタイム監視によって得られた情報を基に、セキュリティ対策の改善や予防策の検討を行うこともできる。ただし、リアルタイム監視を実施するためには、適切な技術やツール、人員の確保が必要となるため、コストやリソースの課題もある。

従来の監視とリアルタイム監視の違い

従来の監視とリアルタイム監視の違いは、主に監視対象の検知頻度やタイムラグの有無である。
一般的な「監視」は、ある一定時間ごとに、あらかじめ定められた基準に従って、システムやネットワーク上のログやトラフィックなどを検査し、異常が検知された場合には、セキュリティ担当者が手動で対応する形態が一般的である。
一方、「リアルタイム監視」は、トラフィックやログなどの情報をほぼリアルタイムに取得し、異常が検知された瞬間にセキュリティ担当者にアラートを通知し、迅速に対応する形態である。

リアルタイム監視のポイント

リアルタイム監視のポイントは以下のようになる。

速度と正確性

リアルタイム監視は、ほぼリアルタイムで情報を取得するため、以上が発生した瞬間に対応することができる。
これにより、セキュリティ上の問題と早期に発見し、被害を最小限に抑えることができる。

検知頻度

リアルタイム監視では、短い時間間隔でトラフィックやログを取得するため、以上が発生した瞬間に検知することができる。
これにより、より細かい粒度で異常を検知し、高精度な検知が可能になる。

自動化

リアルタイム監視は、情報を自動的に取得し、セキュリティ担当者にアラートを通知するため、手動による情報取得やアラート通知の漏れがなく、セキュリティ担当者の負担を軽減することができる。

コスト

リアルタイム監視は、高度な技術やツールを試用するため、導入にはコストがかかります。また、大量の情報を処理する必要があるため、システムリソースの拡張も必要になる場合があります。