ソフトウェア定義ネットワーク(SDN, Software-Defined Networking)

ソフトウェア定義ネットワーク(SDN)とは

ネットワークをソフトウェアで制御する技術のこと。従来のネットワークは、ネットワーク機器(ルーターやスイッチ)に直接設定を行い、ルーティングやフロー制御などのネットワーク機能を実現していた。しかし、SDNでは、ネットワーク機能の制御を中央管理型のソフトウェアコントローラーによって行うことで、ネットワークの柔軟性や効率性を高めることができる。

(参考:ルーティング/用語集
(参考:フロー制御/用語集

ソフトウェア定義ネットワーク(SDN)の主な特徴

ソフトウェアで制御

SDNでは、ネットワーク機能の制御を中央管理型のソフトウェアコントローラーによって行う。これにより、従来のネットワーク機器に設定を行う必要がなくなり、ネットワークの管理が柔軟になります。

(参考:中央管理/用語集

プログラム可能

SDNでは、ネットワークの制御をプログラムで実現することができる。これにより、ネットワークの機能を柔軟に拡張したり、特定のアプリケーションに最適化したりすることができる。

柔軟性が高い

SDNでは、ネットワーク機能の制御を中央管理型のソフトウェアコントローラーによって行うことで、ネットワークの構成変更やトラフィック制御などを柔軟に行うことができる。

(参考:トラフィック制御/用語集

セキュリティ機能を強化

SDNでは、セキュリティ機能の強化が期待されている。例えば、ネットワーク上の通信をリアルタイムに監視し、異常なトラフィックを検知する機能や、特定のアプリケーションに対してセキュリティポリシーを適用する機能がある。

(参考:リアルタイム監視/用語集

コスト削減効果

SDNでは、従来のネットワーク構成に比べ、ネットワーク機器の数を削減できるため、コスト削減効果が期待できる。

 

SDNは、クラウドコンピューティングや仮想化技術やコンテナ技術などとの相性が良く、大規模なネットワークやクラウド環境において、効率的なネットワーク管理が可能になる。また、SDNはオープンソースソフトウェアが多く、自社開発のネットワーク機器を使用する必要がなくなるため、ベンダーロックインを避けることができる。

(参考:ベンダーロックイン/用語集

SDNは、企業やサービスプロバイダー、研究機関など、様々な分野で活用されている。例えば、企業内のネットワークをSDNで管理することで、ネットワークの柔軟性やセキュリティを高めることができます。また、サービスプロバイダーは、SDNを活用することで、ネットワークのトラフィック制御や、サービスの提供を効率的に行うことができる。研究機関では、SDNを利用して、ネットワークの研究や開発を進めている。

一方で、SDNの導入には、既存のネットワーク環境との整合性や、新たなセキュリティリスクの発生などの課題がある。また、SDNによるネットワーク制御が中央化されることで、ソフトウェアコントローラーの信頼性が重要になる。これらの課題に対応するために、適切な設計や実装、運用体制の構築が必要となる。