TLS(Transport Layer Security)

TLSとは

Transport Layer Securityの略。インターネット上での通信において、通信内容を暗号化することでセキュリティを確保するためのプロトコルであり、SSLの後継技術である。SSLが開発元のNetscape Communications Corporationによって開発されたのに対し、TLSはInternet Engineering Task Force (IETF)によって標準化された。

(参考:プロトコル/用語集
(参考:SSL/用語集

TLSは、SSLと同様にWebサイトなどで広く利用されており、WebブラウザとWebサーバー間の通信に使用される。TLSを使用することで、通信内容が暗号化されるため、通信経路上の第三者からの盗聴や改ざんを防止することができる。また、TLSには、通信相手が本当にそのWebサイトであることを確認する機能(証明書)も備わっており、偽装サイトなどからのフィッシング詐欺なども防止することができる。

TLSには、TLS 1.0、TLS 1.1、TLS 1.2、TLS 1.3などのバージョンが存在し、新しいバージョンがリリースされるたびに、より高度なセキュリティ技術が導入されている。しかし、TLSにも脆弱性が存在することが報告されており、適切なセキュリティ対策が必要とされている。

TLSトラフィックとは

TLS (Transport Layer Security) プロトコルを使用して暗号化された通信のことを指す。TLSを使用することで、通信経路上の第三者からの盗聴や改ざんを防止し、セキュアな通信が可能となる。

一般的に、WebサイトでのHTTPS通信においてTLSが使用される。WebブラウザとWebサーバー間で行われる通信において、TLSは、公開鍵暗号化方式を使用して、通信内容を暗号化する。また、TLSには、通信相手が本当にそのWebサイトであることを確認する機能(証明書)も備わっており、偽装サイトなどからのフィッシング詐欺なども防止することができる。

TLSトラフィックは、従来の暗号化されていない通信に比べて、通信内容が暗号化されているため、第三者からの盗聴や改ざんを防止することができる。しかし、TLSトラフィック自体に脆弱性があることが報告されており、適切なセキュリティ対策が必要とされている。また、TLSトラフィックの解析が必要な場合は、適切な技術やツールを使用して解析する必要がある。