ブロック暗号化方式

ブロック暗号化方式とは

ブロック暗号化方式とは、データを固定長のブロックに分割して暗号化する暗号化方式のこと。ブロック暗号化方式では、データを複数の固定長のブロックに分割し、それぞれを個別に暗号化する。
一般的に、ブロック長は64ビットや128ビットなどの固定長が使われる。

ブロック暗号化方式は、データの暗号化に高いセキュリティを提供することができるが、処理速度が遅く、大量のデータを暗号化する場合には、処理時間がかかるという欠点がある。一方、ストリーム暗号化方式は、データをブロックに分割することはなく、一度に暗号化する。ストリーム暗号化方式は、処理速度が高速で、大量のデータを暗号化する場合に有効だが、ブロック暗号化方式よりもセキュリティが劣るとされている。

ブロック暗号化方式のポイント

  • ブロック単位での暗号化を行うため、同じ平文に対しては同じ暗号文が生成される。
  • 鍵長によって、暗号化の強度が異なる。
  • ブロックサイズは固定されているため、データがブロックサイズより小さい場合はパディングと呼ばれる余分なビットを追加する必要がある。
  • ECBやCBCなど、ブロック暗号化方式にはいくつかのモードがあり、適切なモードを選択することが重要である。
  • ブロック暗号化方式は、演算が複雑であるため処理速度が遅いという欠点がある。