Diffie-Hellman鍵共有法

Diffie-Hellman鍵共有法とは

公開鍵暗号方式の一つであり、2つのパーティ間で秘密鍵を共有するための手法である。この方式では、2つのパーティが公開したパラメータを使って、各自が秘密に保持する値を計算する。そして、この計算結果を相手に送信することで、相手も同じ計算を行い、同じ共有鍵を生成することができる。

Diffie-Hellman鍵共有法の主な特徴は、安全であることと、暗号化の速度が速いことである。また、この方式は、鍵交換時に公開鍵暗号方式を使用しないため、処理速度が速く、効率的に秘密鍵を共有することができる。

一方で、この方式には、マン・イン・ザ・ミドル攻撃などのセキュリティ上のリスクがある。したがって、実際に使用する場合は、適切なセキュリティ対策を講じる必要がある。

Diffie-Hellman鍵共有法のポイント

  • Diffie-Hellman鍵共有法は、公開鍵暗号方式の一種であり、共通の鍵を安全に共有するために用いられる。
  • Diffie-Hellman鍵共有法では、鍵の交換にのみ使用され、暗号化や復号化には使用されない。
  • Diffie-Hellman鍵共有法では、2人の通信相手が互いに公開鍵を交換し、それぞれが持つ秘密鍵を使って、共通の鍵を生成する。
  • この共通の鍵は、通信の暗号化に使用され、秘密鍵を知らない第三者による盗聴や改竄を防ぐことができる。
  • Diffie-Hellman鍵共有法は、計算量が大きいため、通常はRSAなどの公開鍵暗号方式と組み合わせて使用される。
  • また、Diffie-Hellman鍵共有法は、中間者攻撃に対して脆弱であるため、認証を組み合わせたプロトコルによる実装が求められる。