SIEM

SIEMとは

Security Information and Event Managementの略。セキュリティ情報とイベントの収集、解析、およびアラートの生成を行う統合型セキュリティツールのこと。SIEMは、セキュリティインシデントを早期に発見し、対応するために必要な情報を提供することにより、組織のセキュリティポストに不可欠な役割を果たしている。

SIEMは、セキュリティイベントの情報を収集するためのエージェントを含め、ネットワーク機器やセキュリティツールからのログを収集し、その情報を解析して異常な動作を検出する。SIEMは、異常検出や脅威検出、脆弱性管理、コンプライアンス監視、セキュリティインシデントの調査や対応など、多様なセキュリティ活動を支援するための機能を提供している。

SIEMは、多くのセキュリティツールやシステムのログ情報を収集し、解析することによって、脅威に対してより包括的な対策を講じることができる。SIEMは、さまざまな種類のデータから優先順位の高い情報を抽出し、警告を発行してセキュリティチームに通知することができる。SIEMは、情報セキュリティの高度化に不可欠なツールの一つであり、企業や組織が自社の情報システムを適切に管理するために必要な機能を提供する。

SIEMの特徴

ログ管理

SIEMは、複数のソフトウェア、ハードウェア、ネットワークデバイスから収集されたログを収集、管理、分析することができる。

イベント管理

SIEMは、システム上の異常なイベントを検出し、関連する情報を分析することができる。このため、セキュリティ違反を発見し、調査することが容易になる。

セキュリティインシデントの対応

SIEMは、セキュリティインシデントに対応するための自動化されたアラートや通知を提供し、必要に応じて適切な対策を実施できる。

リアルタイム監視

SIEMは、ネットワークやシステム上で発生するイベントをリアルタイムで監視し、異常を検知することができる。

レポート生成

SIEMは、様々な種類のレポートを生成することができる。これにより、セキュリティの監視や改善のための詳細な情報を提供することができる。

統合性

SIEMは、複数のセキュリティツールやシステムと連携することができる。これにより、より包括的なセキュリティの監視や分析が可能になる。