IPS

IPSとは

Intrusion Prevention Systemの略。不正アクセスや攻撃を検知し、遮断するセキュリティシステムのことを指す。IDS(Intrusion Detection System)と同様に、ネットワークやシステムに侵入しようとする攻撃を検知する機能を持つが、IPSは検知した攻撃を自動的に遮断する機能を持っている。

(参考:IDS/用語集

IPSは、検知した攻撃に対して即座に対処することができるため、攻撃の被害を最小限に抑えることができる。また、遮断した攻撃に対しては、ログを残しておくことができるため、セキュリティインシデントの調査や解析に活用することができる。

一方で、IPSは正規のトラフィックを遮断してしまう場合があるため、誤検知や不正な遮断が発生する可能性がある。そのため、適切な設定と運用が必要である。また、IPS自体が攻撃対象になってしまうこともあるため、物理的な保護や更新作業の定期的な実施が必要である。

IPSの特徴

  • 常にトラフィックを監視し、攻撃を自動的に検知して対処することができるため、より迅速な対応が可能。
  • IPSはファイアウォールやIDSなどのシステムと連携して、攻撃を検知して遮断することができる。
  • IPSは、データベースやアプリケーションなどの特定アプリケーションレベルで攻撃を検知することもできる。
  • IPSは、パケットの内容を解析し、攻撃を検知することができるため、IDSよりも高度な検知が可能である。
  • IPSは、コンプライアンスのためのセキュリティ対策としても利用される。

一方でIPSが攻撃を遮断する際に、正当なトラフィックも遮断してしまう場合があるため、適切な設定が必要となる。また、IPSは高度な機能を備えているため、実装や運用が複雑化することがある。