ルーティング

ルーティングとは

ネットワークにおいて、パケットの通信経路を決定する処理のことを指す。複数のネットワーク機器が接続されたネットワーク上で、あるノードから送信されたパケットが目的地に到達するためには、通信経路を決定する必要がある。この通信経路を決定するために、ネットワーク上の各機器はルーティングプロトコルを使用し、パケットの経路を決定する。

ルーティングは、パケットの送信元と宛先のアドレスを基に、最適な通信経路を決定する。通信経路を決定する際には、経路の長さやネットワーク上の混雑状況、通信速度などの情報を考慮して、最適な経路を選択する。また、ルーティングは、パケットがネットワーク上を流れる際に、途中の機器で転送や処理が行われるため、その処理を行う機器の選定や、転送先の決定なども含まれる。

ルーティングは、インターネットなどの大規模なネットワークや、企業内部のネットワークなど、さまざまなネットワーク環境で使用される。

ルーティングの種類

静的ルーティング

静的ルーティングは、手動でルーティングテーブルを設定する方法で、ネットワークが小規模な場合に使用される。

動的ルーティング

動的ルーティングは、ルーティングプロトコルを使用して自動的にルーティングテーブルを構築する方法で、ネットワークが大規模な場合に使用される。

ルーティングプロトコルとは

ネットワーク上の機器が互いに情報を交換して、ルーティングテーブルを作成するためのルールや手順を定義するもの。ネットワーク上の各機器は、自身が持つルーティングテーブルを元に、パケットを最適な通信経路に送信する。

ソフトウェア定義(SDN)におけるルーティングの特徴

SDNにおけるルーティングは、以下のような特徴を持っている。

集中管理

SDNでは、ネットワーク全体を集中的に管理することができる。これにより、各機器の状態や通信量などをリアルタイムに把握し、最適なルーティングを実現することができる。

プログラム可能

SDNは、ソフトウェアによって制御されるため、ルーティングのルールを柔軟に変更することができる。これにより、ネットワーク上でのトラフィックの増加や、障害発生時などに、迅速に対応することができる。

バーチャル化

SDNは、物理的なネットワーク機器とは別に、仮想的なネットワークを構築することができる。これにより、複数のネットワークを1つの物理的なネットワーク上で管理することができる。

 

SDNにおけるルーティングでは、ルーティングテーブルを使用して、ネットワーク上の機器間でのパケットの通信経路を決定する。ルーティングテーブルは、ネットワーク上の各機器が持っている情報を集約的に管理するためのもので、パケットがどのような経路で送信されるかを決定するための情報が格納されている。