中央管理

中央管理とは

組織やネットワーク全体のセキュリティ管理を一元化し、中央から効率的かつ統合的に管理することを指す。具体的には、ネットワーク上のセキュリティ対策や監視・運用、アクセス制御、パッチ適用などを、セキュリティ担当者やシステム管理者などが一元的に管理することができる。

中央管理のメリット

統合的な管理が可能

一元的に管理するため、各拠点ごとに異なる管理方法やセキュリティ対策を行うことなく、統合的な管理が可能となる。

効率的な運用が可能

一括管理することにより、運用効率が向上し、管理コストの削減が見込める。

早期発見・迅速な対応が可能

セキュリティ情報を収集・分析することで、異常検知や攻撃の早期発見が可能となり、迅速な対応が可能となる。

リスク低減

統合的な管理により、セキュリティ上のリスクが低減される。

従来の管理と中央管理の違い

従来の管理と中央管理の主な違いは、従来の管理では各拠点ごとに独立してセキュリティ管理が行われていたのに対し、中央管理では一元的に管理することで、統合性や効率性が向上するという点である。
また、中央管理はセキュリティ対策に関する専門的な知識が必要となるため、適切な人員を確保することが重要だである。