ロールベースアクセス制御(RBAC)

ロールベースアクセス制御(RBAC)とは

ロールベースアクセス制御 (Role-Based Access Control: RBAC) は、ユーザーやグループに対して、ロールと呼ばれる役割を割り当て、それに基づいてシステムのアクセス権限を管理するアクセス制御の手法である。

具体的には、ユーザーが担当する業務に応じて、あらかじめ用意されたロールに割り当てられる。そして、ロールごとに必要な権限を設定し、ユーザーがアクセス可能な機能やリソースを制御する。ユーザーが新たに業務を担当する場合には、適切はロールに再度割り当てることで、アクセス権限を制御することができる。

RBACは、アクセス権限の管理が容易であり、管理者が管理するロールや権限を変更するだけで、複数のユーザーに対して一斉にアクセス権限を変更できるため、効率的なアクセス制御が可能である。また、コンプライアンス対応が容易であり、セキュリティレベルを向上させることができるため、企業などの組織での利用が一般的である。

ロールベースアクセス制御(RBAC)の主な特徴

役割ベースのアクセス制御

ユーザーに対して役割(ロール)を割り当て、それに基づいてアクセス権限を管理する方法である。この方式により、ユーザー毎に個別のアクセス権限を管理する必要がなく、アクセス制御の管理が容易になる。

グループとユーザーの組み合わせで柔軟なアクセス制御

ロールは、グループや部門のような組織単位で作成することができ、ユーザーは複数のロールを持つことができる。このため、組織の複雑なアクセス権限を柔軟に管理することが可能となる。

権限管理の容易性

RBACでは、アクセス権限をロールごとに設定するため、管理者が管理するロールや権限を変更するだけで、複数のユーザーに対して一斉にアクセス権限を変更できる。このため、セキュリティ上のリスクを低減することができる。

ユーザーの作業効率の向上

RBACは、ユーザーの作業効率を向上されることができる。ユーザーは、必要なロールに所属することで、必要な情報やアプリケーションに素早くアクセスできる。これにより、作業の効率化を実現することができる。

コンプライアンスへの対応性

RBACは、コンプライアンス要件を満たすために必要なアクセス制限を提供することができる。これは、規制に対する企業の責任を果たすために必要なことである。また、コンプライアンスの要件に合わせて、アクセス権限を柔軟に調整することも可能である。