マルチファクタ認証

マルチファクタ認証とは

マルチファクタ認証(Multi-Factor Authentication: MFA)とは、パスワードやIDなどの単一の認証要素ではなく、複数の認証要素を組み合わせて認証を行うセキュリティ手法である。

通常、マルチファクタ認証(MFA)では、以下のような認証要素が使用される。

  1. パスワードやPINコードなどの知識に基づく認証要素
  2. スマートフォンやセキュリティトークンなどの所有物に基づく認証要素
  3. 生体認証による認証要素(指紋認証や顔認証など)

MFAを使用することで、単一の認証要素による認証に比べてセキュリティを強化することができる。これは、不正アクセスや盗難などによる単一の認証要素の漏洩や不正利用を防ぐことができるためである。MFAはオンラインバンキングやクラウドストレージなど、セキュリティが重要なサービスやシステムにおいて広く採用されている。