ネットワークセキュリティ

ネットワークセキュリティとは

コンピュータネットワークにおける情報セキュリティの一分野であり、ネットワークを通じてやり取りされるデータの機密性、完全性、可用性を確保することを目的としている。これらの3つの目的を「CIA」と呼ぶ。

(参考:CIA/用語集

ネットワークセキュリティは、データの盗聴、改ざん、破壊、不正アクセスなどの脅威から保護することを目的としている。

相談無料ネットワーク脆弱性診断(プラットフォーム脆弱性診断)の相談 

具体的なネットワークセキュリティ

具体的には、ネットワークセキュリティでは、ファイアウォールや暗号化、アクセス制御、不正検知システムなどの技術を用いて、ネットワーク上の情報を保護することが求められる。

ファイアウォール

ファイアウォールとは、ネットワーク上を流れるデータの通信を制御するセキュリティ技術のこと。
ファイアウォールはネットワーク外からの不正アクセスや攻撃を防ぐため、通信を監視し、不正な通信を遮断することができる。

(参考:ファイアウォール/用語集

暗号化

暗号化は、データを保護するために、データを特定の方法で変換するセキュリティ技術のこと。
暗号化を用いることで、データの機密性を確保し、不正アクセスや盗聴からデータを保護することができる。

(参考:暗号化/用語集

アクセス制御

アクセス制御は、ネットワーク上のシステムやデータにアクセスする権限を管理するセキュリティ技術のこと。
アクセス制御を用いることで、権限を持たないユーザーがシステムにアクセスすることを防ぎ、セキュリティを確保することができる。

(参考:アクセス制御/用語集

不正検知システム

不正検知システムは、不正なアクセスや攻撃を検知するセキュリティ技術のこと。
不正検知システムを用いることで、不審な通信やアクセスを自動的に検知し、セキュリティ担当者に通知することができる。これにより、迅速かつ正確に対応することができる。

(参考:不正検知システム/用語集

 

 

また、社内外からの攻撃やウイルス、マルウェアなどの脅威からネットワークを守るために、セキュリティポリシーやトレーニングなどの人的な対策も必要である。

ネットワークセキュリティは、インターネットや企業内ネットワークなど、様々な規模のネットワークで重要な役割を担っている。ネットワークセキュリティの確保は、企業や組織の信頼性やビジネス継続性にとって必要不可欠な要素であると言える。