セキュリティエンジニアのキャリアパスを徹底解説!仕事内容や必要スキルは?

セキュリティエンジニアは情報セキュリティに関する専門知識とスキルを持つプロフェッショナルであり、情報システムやネットワークのセキュリティを確保するために活動します。このコラムでは、主なキャリアパスの紹介のほか、セキュリティエンジニアとして異業界へ転職する際に抑えておいた方が良いポイントも紹介していきます。

主なセキュリティエンジニアのキャリアパス

セキュリティエンジニアのキャリアパスは多様であり、それぞれのポジションには独自の仕事内容、必要スキル、資格要件、年収相場、残業時間があり、個々のキャリア目標や志向に合った選択肢があります。
セキュリティエンジニアとしてのキャリアを構築する際には、自身の興味と能力を考慮し、適切なキャリアパスを選択することが重要です。以下に主な職業を紹介します。

セキュリティアナリスト

セキュリティアナリストはセキュリティインシデントの調査や脆弱性評価に従事し、セキュリティ対策の中核を担います。

仕事内容 必要スキル・経験 役に立つ資格 年収相場 求められる人物像
セキュリティインシデントの調査、脆弱性評価、セキュリティポリシーの遵守監視など
  • NW知識
  • Linux知識
  • ITインフラ運用の経験
  • オペレーションの経験
  • 情報処理安全確保支援士
  • CompTIA Security+
  • CompTIA CySA+
  • (ISC)² CISSP
400~800万円 メンバーやお客様との良好な関係を築くことに意欲のある方

セキュリティコンサルタント

セキュリティコンサルタントは顧客に対してセキュリティコンサルティングを提供し、リスクアセスメントやセキュリティ戦略策定をサポートします。

仕事内容 必要スキル 役に立つ資格 年収相場 求められる人物像
顧客に対するセキュリティコンサルティング、リスクアセスメント、セキュリティ戦略策定など
  • プロジェクトマネジメント
  • 顧客対応
  • セキュリティ戦略策定
  • CISSP
  • CISM
    など
500~1,000万円 情報セキュリティ/個人情報保護に関わる動向に興味を持っており、セキュリティ領域のエキスパートを目指しているかた

セキュリティアーキテクト

セキュリティアーキテクトはシステムやネットワークのセキュリティ設計に関与し、高度なセキュリティソリューションを構築します。

仕事内容 必要スキル 役に立つ資格 年収相場 求められる人物像
システムやネットワークのセキュリティアーキテクチャ設計、セキュリティソリューションの導入など
  • セキュリティアーキテクチャ設計
  • セキュリティソリューションの知識
  • CISSP
  • CISM
  • CISA
    など
500~800万円
  • 柔軟性、協調性を持ち、社内外を問わず円滑なコミュニケーションが図れる方
  • セキュリティ領域における専門性を高めたい方

セキュリティマネジメント担当者

セキュリティマネジメント担当者は組織全体のセキュリティポリシーを策定・実行し、リーダーシップを発揮します。

仕事内容 必要スキル 役に立つ資格 年収相場 求められる人物像
セキュリティポリシーの策定と実行、セキュリティ予算管理など
  • リーダーシップ
  • セキュリティポリシーの策定
  • プロジェクトマネジメント
  • 公認情報セキュリティマネージャー(CISM)
  • (ISC)² CISSP
400~700万円
  • セキュリティがとにかく好きという方
  • 物事の本質に立ち返って思考ができる方

CISO

CISO(Chief Information Security Officer)は企業のセキュリティ戦略を統括し、戦略的なリーダーシップを担います。

仕事内容 必要スキル 役に立つ資格 年収相場 求められる人物像
企業のセキュリティ戦略策定と監督、セキュリティリーダーシップ、セキュリティ予算管理など
  • リーダーシップ、戦略策定
  • セキュリティポリシーの実行
  • CISSP
  • CISM
  • CISA
    など
1,000~1,500万円
  • 経営陣と建設的な議論が進められる方

ホワイトハッカー

ホワイトハッカーはセキュリティテストと脆弱性診断を行い、セキュリティの改善策を提案します。

仕事内容 必要スキル 役に立つ資格 年収相場 求められる人物像
セキュリティテスト、脆弱性診断、セキュリティ対策の提案など
  • ハッキング技術
  • 脆弱性診断
  • セキュリティツールの使用能力
  • CEH
  • CISSP
    など
500~800万円
  • 倫理的に行動し、法に従った活動ができる方
  • セキュリティの問題や提案をクライアントやチームに説明できる能力がある方

ペネトレーションテスター

ペネトレーションテスターは侵入テストと脆弱性診断を専門的に実施し、セキュリティの脆弱性を特定します。

仕事内容 必要スキル 役に立つ資格 年収相場 求められる人物像
システムやネットワークに対する侵入テスト、脆弱性診断、セキュリティレポートの作成など
  • ペネトレーションテスト技術
  • 脆弱性診断
  • セキュリティツールの使用能力
  • GIAC Penetration Tester (GPEN:GIACペネトレーションテスター認定)
  • CompTIA CySA+
  • (ISC)² CISSP
600万円〜1000万円
  • 継続的な学習と情報収集に対する意欲がある方
  • 複雑な問題に対処するために忍耐力に自信がある方

セキュリティエンジニアから異業種へ転職も!

セキュリティエンジニアから異業種への転職は、多くの場合可能であり、セキュリティの専門知識やスキルは他の分野でも役立つことがあります。以下に、異業種への転職の一例として、インフラエンジニア、他業種のマネージャー、AIエンジニア、ゲームプログラマーについて説明します。

インフラエンジニア

セキュリティエンジニアはセキュリティ設計やネットワークセキュリティの知識を活かし、システムのインフラストラクチャやネットワークの設計・管理に関わることができます。セキュリティエンジニアの経験は、インフラエンジニアとしての転職において価値が高く、セキュアなインフラストラクチャの構築や運用を支援できます。

他業種のマネージャー

セキュリティエンジニアはセキュリティプロジェクトのリーダーシップ経験があり、プロジェクトマネージメントスキルを持っています。これらのスキルは他の業種でのマネージャー職にも役立ち、プロジェクトの計画、実行、監視などを担当できます。

AIエンジニア

セキュリティエンジニアはデータセキュリティやセキュアな開発プラクティスの知識を活かし、AIプロジェクトにおいてデータ保護やセキュリティに関する専門知識を提供できます。AIエンジニアとして、セキュアなAIソリューションの開発に貢献できます。

ゲームプログラマー

セキュリティエンジニアはセキュリティ意識が高く、ゲーム開発においてもセキュリティの重要性を理解しています。セキュリティエンジニアの知識は、オンラインゲームやモバイルアプリのセキュリティ強化に役立ち、ゲームプログラマーとしての転職において価値があります。

セキュリティエンジニアから異業種への転職は、適切なスキルと知識を持っていれば実現可能です。異なる分野でのキャリアチャレンジに対するセキュリティエンジニアの経験は、新たな職種での成功につながることがあります。

セキュリティエンジニアのキャリアップに重要なヒューマンスキル

セキュリティエンジニアのキャリアップにおいて、技術スキルだけでなくヒューマンスキルも非常に重要です。以下に、セキュリティエンジニアが発展するために必要なヒューマンスキルについて説明します。

リーダーシップ

セキュリティエンジニアはセキュリティプロジェクトやチームのリーダーとして活躍する機会があります。リーダーシップスキルは、目標の設定、指導、チームの統率、決断力を養うために重要です。

コミュニケ―ション能力

セキュリティエンジニアはセキュリティの重要性を他の部門やステークホルダーに伝える必要があります。効果的なコミュニケーション能力は、アイデアや提案を伝え、協力を促進するために不可欠です。

ネゴシエーション能力

セキュリティエンジニアはセキュリティポリシーやプラクティスの実装に関して他の部門やベンダーと協力しなければなりません。ネゴシエーション能力は、異なる立場や要求を調整し、共通の目標を達成するために必要です。

プレゼンテーション能力

セキュリティのリスクや対策について他のステークホルダーに説明するために、プレゼンテーション能力が必要です。クリアで説得力のあるプレゼンテーションは、セキュリティプロジェクトの成功に貢献します。

コーチング能力

セキュリティエンジニアはチームメンバーや他の従業員にセキュリティベストプラクティスを伝える役割を果たすことがあります。コーチング能力は他の人々の成長とセキュリティ教育に貢献します。

ヒアリング能力

セキュリティエンジニアはステークホルダーやクライアントの要望や懸念を理解し、それに応じたセキュリティソリューションを提供する必要があります。ヒアリング能力は要求事項を正確に把握するために不可欠です。

向上心

セキュリティの領域は常に変化しており、新たな脅威やテクノロジーが出現します。向上心を持ち、最新のセキュリティトレンドやスキルを継続的に学び続けることが成功につながります。

セキュリティエンジニアの活躍する業界7選

セキュリティエンジニアはさまざまな業界で需要があります。異業界に転職しても活躍し、情報セキュリティを強化し、データを保護するために重要な役割を果たせます。以下は、特にセキュリティエンジニアが活躍する業界の一部です。

コンサルティング業界

コンサルティング業界では、クライアントのセキュリティニーズに応じたカスタマイズされたソリューションを提供することが必要です。セキュリティエンジニアは専門知識と経験を活かし、クライアントのセキュリティ課題に対処し、セキュリティ改善プロジェクトを指導する役割を果たします。

メーカー業界

メーカー業界では、製品のセキュリティがますます重要になっています。セキュリティエンジニアは組み込みシステムのセキュリティ設計、脆弱性評価、製品の安全性向上に貢献します。

インフラ業界

インフラ業界では、エネルギー、交通、通信などの要因が組織や国家の安定性に大きな影響を与えます。セキュリティエンジニアはクリティカルインフラのセキュリティを管理し、システムの可用性と信頼性を維持します。

商社

商社は多くの異なる産業と取引を行い、データのセキュリティと取引の信頼性が必要です。セキュリティエンジニアはサプライチェーンセキュリティを監視し、サプライヤーとのセキュアな取引を確保します。

金融業界

金融業界は財務情報と顧客データの保護が最優先事項です。セキュリティエンジニアはデータセキュリティ、詐欺対策、ネットワークセキュリティを強化し、金融取引の安全性を確保します。

保険業界

保険業界は大量の機密情報を処理し、データのセキュリティとプライバシーが求められます。セキュリティエンジニアはデータセキュリティ管理とリスク評価を担当し、データ漏洩を防ぎます。

医療業界

医療機関は患者情報のセキュリティがクリティカルであり、電子健康記録(EHR)システムのセキュリティが必要です。セキュリティエンジニアは医療データの保護と患者プライバシーの確保に貢献します。

これらの業界ではセキュリティエンジニアがデータの保護、脅威対策、リスク管理、セキュリティインフラの設計などで重要な役割を果たし、組織の信頼性と安全性を向上させます。セキュリティエンジニアの専門知識とスキルは、現代のビジネス環境で不可欠です。

セキュリティエンジニアの人材価値はこれからも増加の見通し

セキュリティエンジニアの人材価値はこれからも増加の見通しです。以下に関連する人材不足対策について説明します。

経済産業省が行う人材不足対策

経済産業省はセキュリティエンジニアの人材不足に対処するため、以下のような対策を実施しています。

教育プログラムの促進

サイバーセキュリティに特化した大学や専門学校の設立やプログラムの充実を支援しています。

産業界との連携

産業界と連携し、セキュリティエンジニアの需要に合ったスキルを育成するためのプログラムを提供しています。

IPAが行う人材不足対策

情報処理推進機構(IPA)もセキュリティエンジニアの人材不足に対処するために、以下のような対策を実施しています。

教育と研修プログラム

IPAはセキュリティ関連の教育や研修プログラムを提供し、セキュリティスキルの向上をサポートしています。

セキュリティ認定資格

セキュリティエンジニア向けの認定資格プログラムを提供し、専門知識の獲得を支援しています。

産業との協力

産業界と連携し、セキュリティエキスパートの需要に応じたプログラムを開発しています。

セキュリティエンジニアのキャリアアップに役立つ資格

セキュリティエンジニアとしての成功は、適切な資格を取得し、継続的な学習と成長に費やす努力によって築かれます。最初の資格選びは重要で、個人のスキルとキャリア目標に合わせて検討しましょう。資格を取得することで、セキュリティスキルの証明ができ、キャリアのアップグレードが可能になります。

セキュリティエンジニアの関連資格一覧とオススメ10選!目的や難易度に合った資格を取得して年収アップ!

よくある質問

セキュリティエンジニアで一番多いセカンドキャリアは何ですか

セキュリティアナリストやセキュリティコンサルタントといったセキュリティ関連のポジションが一番多いです。セキュリティの専門知識と経験を活かし、さまざまな業界や組織でセキュリティの専門家として活躍します。

セキュリティエンジニアの将来性はどのくらいありますか

セキュリティエンジニアの将来性は非常に高いです。デジタル化が進み、サイバー攻撃のリスクが増加しているため、セキュリティエキスパートの需要は持続的に高まると予想されます。

まとめ:セキュリティエンジニアとしてのスキルを積んで、収入アップに繋がるキャリアステップを目指そう!

セキュリティエンジニアとしてのキャリアは今後ますます重要性が高まり、スキルを磨くことで収入アップや将来性のあるキャリアステップが可能です。セキュリティエンジニアは専門知識と技術スキルを持ちつつ、ヒューマンスキルも重要です。さまざまな業界でセキュリティの専門家として求められており幅広い経験を積むことができます。経済産業省やIPAなどの機関も人材不足対策を進めており、セキュリティエキスパートとしての市場価値が増加しています。

セキュリティエンジニアとしてのキャリアを積極的に追求し、成功を実現させましょう!