セキュリティエンジニアの仕事内容を徹底解説!向いている人の特徴とは?

セキュリティエンジニアは、情報セキュリティに特化した専門家です。データ、ネットワーク、システム、アプリケーションなどの情報資産を保護する役割を担います。セキュリティエンジニアの主要な任務は、潜在的な脅威や攻撃から、組織やプロジェクトの情報を守ることです。そのため、幅広いセキュリティ関連の活動を行う必要があり、技術的なスキルだけでなく、倫理的な意識や、常に新しい脅威に対応できる知識も求められる高度な仕事です。

本記事では、具体的な仕事内容から向いている人の特徴をメインに、求められるスキルや知識を解説していきます。セキュリティエンジニアを目指そうか迷っている人は必見です!

セキュリティエンジニアの仕事内容

1.セキュリティ戦略の企画

セキュリティ戦略の企画は、組織やプロジェクト全体のセキュリティ方針を策定し、実行に移すプロセスです。セキュリティエンジニアは、情報セキュリティの目標とリスクを評価し、適切なセキュリティ戦略を開発します。これには、セキュリティポリシー、ガイドライン、リスク評価、セキュリティプログラムの計画が含まれます。戦略の成功は、組織全体のセキュリティ文化を向上させ、セキュリティの優先事項を明確にするのに役立ちます。

2.ガイドラインの策定

セキュリティガイドラインは、組織内でのセキュリティプラクティスを指示し、従業員にセキュリティポリシーを実施する手順を提供します。セキュリティエンジニアは、これらのガイドラインを策定し、従業員にセキュリティ意識を高めるために教育します。ガイドラインには、パスワード管理、データの取り扱い、アクセス制御など、セキュリティに関連する多くの側面が含まれます。これにより、組織内で一貫性のあるセキュリティスタンダードが維持され、リスクが最小限に抑えられます。

3.セキュリティインフラストラクチャの設計・実装

セキュリティエンジニアは、セキュリティインフラストラクチャの設計と実装に関与します。これには、ファイアウォール、侵入検知システム(IDS)、侵入防止システム(IPS)、仮想プライベートネットワーク(VPN)など、セキュリティ関連のハードウェアやソフトウェアの選定と設定が含まれます。設計はセキュリティ要件に合わせて行われ、実装は設計を実際の環境に導入する段階です。正確な設計と実装は、セキュリティインフラストラクチャの効果的な運用と組織の資産を保護するために不可欠です。

4.脆弱性評価とテスト

脆弱性評価とテストは、システムやアプリケーションのセキュリティを確保するために重要なプロセスです。セキュリティエンジニアは、潜在的な脆弱性を特定し、悪意のある攻撃からの防御策を評価します。これには、脆弱性スキャン、ペネトレーションテスト、セキュリティコードレビューなどの手法が含まれます。評価の結果に基づいて、修正策やセキュリティポリシーの改善を提案し、セキュリティの向上を促進します。

5.セキュリティイベントの監視

セキュリティイベントの監視は、異常なアクティビティや潜在的な攻撃を検出し、対応策を実行するプロセスです。セキュリティエンジニアは、セキュリティインシデントを迅速に識別し、対処します。監視にはセキュリティ情報とイベント管理(SIEM)ツールを使用し、リアルタイムでセキュリティ状況を把握します。これにより、攻撃やセキュリティインシデントに対する迅速な対応が可能となります。

6.セキュリティシステムの運用・保守

セキュリティシステムの運用と保守は、セキュリティの持続的な保護を確保するために欠かせません。セキュリティエンジニアは、セキュリティインフラストラクチャやソフトウェアの日常的な運用とメンテナンスを担当します。これには、パッチ適用、ログの監視、脅威インテリジェンスの収集、セキュリティポリシーの更新などが含まれます。定期的な運用と保守は、新たな脅威に対処し、セキュリティの効力を維持するのに不可欠です。

セキュリティエンジニア向きの人材の特徴

セキュリティエンジニアに向いているとされる性格特徴を6つ紹介していきます。

倫理的な意識

「倫理的な意識」はセキュリティエンジニア向きの性格特質の中でも極めて重要です。

セキュリティエンジニアは個人情報保護法やセキュリティ規制などの法的要件を遵守し、組織が法的なコンプライアンスを守る役割を果たします。倫理的な意識を持つことは、法的リスクを最小限に抑え、組織に法的問題をもたらさないために不可欠です。

また、セキュリティエンジニアの中には倫理的ハッカーとして活動し、組織のシステムやアプリケーションに対する脆弱性を発見することがあります。倫理的な意識を持つことは、侵入テストや脆弱性スキャンを合法かつ倫理的な範囲で行うために重要です。

セキュリティエンジニアは法的コンプライアンス、エシカルハッキング、ユーザープライバシーの尊重、社会的責任感など、セキュリティ関連の仕事において高い倫理観を持つことが求められます。

問題解決能力

「問題解決能力」はセキュリティエンジニア向きの性格特質であり、セキュリティの複雑な課題に対処し、セキュリティを確保する役割を果たすために非常に重要です。

セキュリティエンジニアはセキュリティインシデントの対応や脆弱性の評価、セキュリティポリシーの策定など、多くの問題に取り組みます。問題解決能力を持つことは、これらの課題に対して効果的で効率的な解決策を見つけ、情報セキュリティを維持・向上させるために不可欠です。セキュリティエンジニアは論理的思考と綿密な計画を駆使し、組織のセキュリティを守る役割を果たします。

細心の注意

セキュリティエンジニアは情報セキュリティにおける細部にわたる設定や構成を見逃さず、セキュリティの脆弱性やリスクを最小限に抑えることが求められます。そのため、細心の注意が払える人はセキュリティエンジニアに向いています。

「細心の注意」はセキュリティエンジニアにとって不可欠な特性であり、セキュリティ設定や監視、コンプライアンスの遵守において高い品質と信頼性を確保するのに役立ちます。セキュリティエンジニアはセキュリティに対する注意深いアプローチを持ち、組織の情報セキュリティを確保する役割を果たします。

ストレス耐性が高い

セキュリティエンジニアは情報セキュリティを確保し、セキュリティインシデントに対処する役割を果たしますが、この仕事は高圧的でストレスの多い状況で行われることが多いため、ストレス耐性は不可欠です。

高いストレス耐性は、セキュリティインシデントへの迅速な対応、長時間の監視と待機、複雑な問題への対処、継続的な学習と変化への適応に役立ちます。

セキュリティエンジニアはプレッシャーやストレスに対処し、情報セキュリティを守るために高いストレス耐性を発揮する必要があります。そのため、この性格特質はセキュリティエンジニアにとって不可欠な資質と言えます。

チームプレイヤー

セキュリティエンジニアは、単独で仕事をすることもあれば、チームで連携してセキュリティ対策を実施することもあります。

セキュリティ戦略の策定の際は、セキュリティエンジニアは専門知識や情報をチームメンバーやほかの部門と共有します。複雑な問題の解決においては、チーム内で意見交換や協力が不可欠です。また、セキュリティエンジニアはユーザーに対してセキュリティ意識を高めるトレーにングや教育を行うこともあります。

チームプレイヤーの性格はコミュニケーションを円滑にし、効果的な情報共有や連携を促進することで、異なる背景を持つ人を巻き込み、セキュリティ課題の解決に向かうことができます。

好奇心旺盛

好奇心旺盛な性格は、セキュリティの複雑な課題に対処し、新たなセキュリティ脅威に対応するために重要です。

セキュリティエンジニアは常に情報を追求し、新しい攻撃手法やテクノロジーを学び続けることが求められます。セキュリティの脅威は日々進化しており、新たな攻撃手法が出現するため、システムの脆弱性診断を実施する際などにも好奇心が役立ちます。
好奇心旺盛な人は、これらの新しい脅威に対して興味を持ち、研究し、対策を考えることができます。

セキュリティエンジニアは継続的な学習と適応力が求められる職種であり、好奇心旺盛な性格はその適正を高める要素として重要です。

 

上記6つの性格特徴は、セキュリティエンジニアとして成功するのに役立つものですが、あくまで一部の要因になります。

セキュリティエンジニアとしてのキャリアを追求する場合、個人の興味、スキル、学習意欲、倫理的な意識などを総合的に考慮することが重要です。

性格特徴に関係なく、適切なトレーニング、教育、経験を積み重ね、セキュリティエンジニアとしてのスキルと知識を磨くことが成功のポイントです。

セキュリティエンジニアの年収

一般的にセキュリティエンジニアは高い需要があるため、比較的高い年収を得ることができることが多いと言えます。

セキュリティエンジニアの年収は、初心者から経験豊富なプロフェッショナルまで幅広くあり、地域によっても異なります。一般的なセキュリティエンジニアの年収は、中級から上級のポジションであれば、多くの場合、業界平均を上回る水準であることがあります。

セキュリティエンジニアの年収について更に詳細を知りたい方はこちらもご覧ください。

セキュリティエンジニアの年収は高い?平均年収や将来性を解説!

セキュリティエンジニアになるために必要なスキルや知識

セキュリティエンジニアとして成功するためには、スキルや知識をアップデートし続けることが重要です。ここでは、特にセキュリティエンジニアに求められているスキルと知識をご紹介します。

必要なスキル

コミュニケーションスキル

セキュリティエンジニアは、セキュリティに関する情報を効果的に共有し、他のチームメンバーや関係者と協力してセキュリティ対策を実施する必要があります。コミュニケーションスキルは、アイディアや問題を明確に伝え、チームでの効果的な協力を促進します。

プログラミングスキル

セキュリティエンジニアは、システムやアプリケーションのセキュリティを評価し、脆弱性を修正するためにプログラミングスキルが必要です。プログラムのコードを理解し、セキュリティに関する問題を特定および解決するためにプログラミング言語を扱えることが重要です。

倫理・道徳意識

セキュリティエンジニアは、情報セキュリティの原則や倫理規範を遵守し、法的な規制を守る責任があります。倫理的な意識は、法的なコンプライアンスを確保し、個人情報や機密データを適切に保護するために不可欠です。

必要な知識

下記はセキュリティエンジニアが情報セキュリティを確保し、セキュリティインフラストラクチャを強化するために不可欠な知識です。

ネットワークセキュリティ

ネットワークセキュリティに関する知識は、ネットワーク通信の保護、ファイアウォール、侵入検知システム(IDS)、侵入防止システム(IPS)など、ネットワーク上のセキュリティ対策に関連します。

ネットワークセキュリティに関する学習において、以下の主要なトピックを理解し学ぶことが必要です。

1.ネットワーク通信の保護

ネットワーク通信の暗号化、認証、データの機密性と整合性の確保など、セキュアな通信の基本的な原則を理解します。プロトコルや暗号化アルゴリズムについても知識を深めましょう。

2.ファイアウォール

ファイアウォールはネットワークトラフィックを監視し、不正なアクセスや攻撃をブロックするためのセキュリティデバイスです。ファイアウォールの設定、ポリシー管理、ログ分析などを学びましょう。

3.侵入検知システム(IDS)

IDSはネットワーク上の異常なアクティビティを検知し、警告を生成するシステムです。異常検出技術、シグネチャベースの検出、アノマリベースの検出などについて学び、IDSの運用と効果的な利用法を理解します。

4.侵入防止システム(IPS)

IPSはIDSの進化版で、不正アクティビティを検出するだけでなく、自動的にブロックする能力を持っています。IPSの設定と効果的な導入について学習しましょう。

5.ネットワークセキュリティアーキテクチャ

ネットワークセキュリティを構築するためのアーキテクチャやベストプラクティスについての理解が求められます。セキュリティゾーンの設計、セグメンテーション、DMZ(デミリタリズドゾーン)などのコンセプトを学びましょう。

6.ログ管理と監視

ネットワーク上のアクティビティを記録し、ログを適切に監視することがセキュリティの一環です。ログ分析ツールの使用とセキュリティインシデントの検出に関する知識を習得しましょう。

7.セキュリティポリシーとコンプライアンス

ネットワークセキュリティポリシーの策定と遵守、法的規則や業界標準に対するコンプレックスについて学習しましょう。

システムセキュリティ

システムセキュリティについての理解は、オペレーティングシステム、アプリケーション、データベースなどのシステムレベルでのセキュリティ対策に関連します。

脆弱性評価とペネトレーションテスト

システムやアプリケーションの脆弱性を評価し、悪意ある攻撃からの保護を確保するためのスキルが必要です。ペネトレーションテストはセキュリティの脆弱性を特定し、修正するための手法を含みます。

暗号学

暗号学に関する知識は、データの暗号化、デジタル署名、鉤管理など、セキュリティの基本的な要素を理解するのに役立ちます。

セキュリティツールとソフトウェア

セキュリティエンジニアは、セキュリティツールやソフトウェアを活用してセキュリティインフラストラクチャを構築し、監視・管理します。そのため、セキュリティツールやソフトウェアの基本的な使い方は押さえておくことが必要です。

ソーシャルエンジニアリング防止

ソーシャルエンジニアリングは人間を攻撃の手段として利用する詐欺行為です。セキュリティエンジニアは、この種の攻撃に対する防御策を理解し、実施する必要があります。

法的規制とコンプライアンス

セキュリティエンジニアは、データプライバシーやセキュリティに関する法的規制とコンプライアンスに遵守する必要があります。法的知識はセキュリティポリシーの策定と実装に不可欠です。

プログラミングとスクリプト言語

セキュリティエンジニアは、プログラムコードの解析とスクリプトを使用した自動化のスキルを持つことが重要です。プログラミングとスクリプト言語の知識はセキュリティツールやカスタマイズされたセキュリティソリューションの開発に役立ちます。

インシデント対応

セキュリティインシデントが発生した場合、適切な対応が求められます。インシデント対応のプロセスと手法についての知識が重要です。

セキュリティエンジニアのキャリアパス

セキュリティエンジニアの主なキャリアパスは、技術重視の「テクニカルセキュリティ」とマネジメント重視の「セキュリティマネジメント」の2つに分類されます。下記が代表的なキャリアパス例です。

テクニカルセキュリティエンジニアリング

テクニカルセキュリティエンジニアリングの役割は、セキュリティ技術の専門知識とスキルを活用して、組織やクライアントのセキュリティを強化することです。これらの職種はセキュリティ分野で高い需要があり、情報セキュリティの重要性がますます高まる現代社会で重要な役割を果たしています。

以下に、テクニカルセキュリティエンジニアリングの主要な役割と関連する職種について説明します。

ペネトレーションテスター

ペネトレーションテスターは、システムやアプリケーションに対してエシカルハッキングを実施し、脆弱性を特定します。セキュリティの穴を見つけて修正することで、システムのセキュリティを向上させます。

彼らはネットワーク、アプリケーション、ウェブサイトなどの脆弱性を発見し、報告書を作成してセキュリティ改善策を提供します。

セキュリティアーキテクト

セキュリティアーキテクトはセキュリティ対策の設計と実装を担当します。システムやアプリケーションのアーキテクチャを設計し、セキュリティ要件を組み込みます。

他のエンジニアや開発者と協力して、セキュアはソフトウェアやハードウェアソリューションを開発し、セキュリティのベストプラクティスを適用します。

セキュリティコンサルタント

セキュリティコンサルタントはクライアントに対してセキュリティコンサルティングを提供し、セキュリティポリシーの策定、セキュリティアーキテクチャのアドバイス、リスクアセスメントなどを行います。

クライアントのニーズに合わせたセキュリティ戦略を策定し、セキュリティ問題に関する解決策を提供します。

セキュリティマネジメントおよびリーダー職

セキュリティマネジメントおよびリーダー職は、情報セキュリティに関する戦略的な計画、監督、指導を担当する役職や職種を指します。これらのポジションは組織内でセキュリティに関する責任を持ち、組織全体のセキュリティ戦略の立案および実行を行います。

以下に、セキュリティマネジメントおよびリーダー職の主な役割について説明します。

セキュリティマネージャー/チームリーダー

セキュリティマネージャーまたはセキュリティチームリーダーは、セキュリティエンジニアリングチームを統括し、セキュリティプロジェクトの計画、遂行、監視を管理します。

セキュリティポリシーと規則の策定、セキュリティ監査、予算管理、リソース割り当てなどのセキュリティプログラムの実施に責任を持ちます。

セキュリティディレクター/CISO(チーフインフォメーションセキュリティオフィサー)

セキュリティディレクターまたはCISOは、組織全体のセキュリティ戦略を策定し、組織の情報セキュリティプログラムをリードします。

法的コンプライアンスの確保、セキュリティリスクの評価と管理、セキュリティインシデントへの対応、組織内のセキュリティ意識向上などを指導します。CISOは高度なセキュリティ専門知識とビジョンを持ち、組織のセキュリティ戦略を企画し、実行する役割を果たします。

 

セキュリティエンジニアのキャリアパスについて更に詳細を知りたい方はこちらもご覧ください。

セキュリティエンジニアのキャリアパスを徹底解説!仕事内容や必要スキルは?

セキュリティエンジニアになるには?

セキュリティエンジニアになるためのステップは次のようになります。

①基本的な教育を受ける

コンピュータサイエンスとネットワーク技術を学ぶ

セキュリティエンジニアになるためには、コンピューターサイエンスやネットワーク技術に関する基本的な知識を身に付ける必要があります。大学や専門学校で関連する学位を取得するか、オンラインコースや教育プログラムを利用して学ぶことができます。これにより、コンピューターシステムとネットワークの動作原理を理解できます。

セキュリティスキルを磨く

セキュリティスキルを向上させるために、セキュリティに関連するトピックスに焦点を当てたトレーニングや認定資格を取得することが役立ちます。セキュリティの基本概念、セキュリティツール、脆弱性評価、ペネトレーションテストなどについて学びます。

セキュリティエンジニアにおすすめの認定資格の詳細が気になる方は、下記もご覧ください。

セキュリティエンジニアの関連資格一覧とオススメ11選!目的や難易度に合った資格を取得して年収アップ!

②実務経験を積む

セキュリティコミュニティに参加する

セキュリティコミュニティやオンラインフォーラムに参加し、他のセキュリティプロフェッショナルと連携し、知識を共有します。ネットワーキングと情報共有がセキュリティエンジニアとしての成長に貢献します。

セキュリティコミュニティへの参加が実務経験に繋がるポイントは下記3点になります。

ネットワーキング構築によってプロジェクト参加の機会が増える

セキュリティコミュニティへの参加は、他のセキュリティ専門家とのネットワーキングの機会を提供します。プロのコンタクトを築くことで、仕事の機会やキャリアの成長につながる可能性が高まります。

セキュリティプロジェクトに実際に参加できる

セキュリティコミュニティは、セキュリティに関連するオープンソースプロジェクトやコミュニティプロジェクトに参加する機会も提供します。これらのプロジェクトへの貢献は実務経験としてカウントされ、履歴書やポートフォリオを充実させるのに役立ちます。

アドバイスやガイダンスによる実務経験のサポート

セキュリティコミュニティのメンバーは、セキュリティに関する問題についてアドバイスやガイダンスを提供することがあります。これにより、実務経験を積む過程でのサポートを受けることができます。

最新のトレンドと脅威に対応する

セキュリティのトレンドや新たな脅威に対応するために、常に最新の情報を追跡し、セキュリティに関するニュースや脆弱性情報を把握しましょう。

最新のセキュリティトレンドに対応するためには、実際のセキュリティインシデントに対処する経験が必要です。実務経験を通じて、脅威に対応するプロセスや手順を理解し、実際の状況で効果的に対策と対応を行うスキルを習得します。

また、最新のセキュリティトレンドに敏感でいると、それに適切に対応するリーダーシップの能力が高まります。実務経験を通じて、組織内でセキュリティのリーダーとしての役割を果たす準備ができます。

ポートフォリオを構築する

プロジェクトや実務経験を通じて、セキュリティに関する実績や成果を示すポートフォリオを構築しましょう。これは将来の雇用主に自身のスキルと実力を証明するのに役立ちます。

③求人情報を探す

セキュリティエンジニアの職を探すために、求人情報やキャリアウェブサイトを活用し、セキュリティポジションに応募します。履歴書と面接で自身のスキルや経験をアピールし、セキュリティエンジニアとしてのキャリアをスタートさせましょう。

まとめ

セキュリティエンジニアの仕事は多岐にわたるほか、常にトレンドを追って知識を更新することも求められます。専門色が強い一方で、チームワーク力も求められるため、かなり高度な仕事だと言えるでしょう。セキュリティエンジニアのスキルをつけるのは簡単ではないですが、セキュリティ分野は今後も需要が高く、年収アップも十分に目指せるため、キャリアを築く上で魅力的な選択肢です。

セキュリティエンジニアになるか迷っている方は、求められているポイントを押さえた上でスキルを着実につけていきましょう!